ファイルサーバ(共有フォルダ)整理整頓術 移行編 

なぜ整理しなければならないのか

  こんな不満があるからです。
    「欲しいファイルが見つからない、たしか、どっかで見たんだよな」
    「この資料、一から作ったの、既存のデータを流用すれば楽だだのに」
    「このデータ見ていいの、まずいんじゃない」
    「このフォルダ、ぐちゃぐちゃでだよ、誰が使ってるの」
    「誰だよ削除したの、重要なファイルなのに、どうしてくれるんだよ」

誰が困るのか

  新入、中途、協力社員 (未来をささえる人たち)
    ベテラン社員の一部はこんな意見を主張します
     「仕事は回ってるからいいんだよ。整理する時間がムダ」

整理するのに絶好のタイミングは

  ⇒ ファイルサーバ入替えの時です。

だれが旗ふりをすればいいのか

  トップダウンで「ファイルサーバ移行チーム」編成
     トップは、整理整頓の重要性を強く感じているはずです。
     トップは、ベテラン社員の反対意見もソフトランディングしてくれます。
     ルールをきめて徹底する為にも部門代表のチーム編成が必要。
     チームメンバーは各部門フォルダの番人となるのです。

移行方法は

移行例1(全データ移動、後から整理)

 1.「ファイルサーバ移行チーム」結成
 2.新ファイルサーバを準備し、全てのデータを移行
  旧ファイルサーバ、運用停止
 3.ファイルサーバの運用ルールを決めてフォルダを整理
  ※整理の進み具合が遅くなるかもしれませんので、進捗管理が大切
   

移行例2(必要なデータのみ移行)

 1.「ファイルサーバ移行チーム」結成
 2.新ファイルサーバを準備
 3.ファイルサーバの運用ルールを決めて新ファイルサーバにフォルダ作成
 4.必要なデータのみ移行、フォルダ管理者またはユーザが取捨選択
 5.旧ファイルサーバ、運用停止