Microsoft Azure(アジュール)

クラウドは、使いたい機能(コンピューター)が
「どこ」にあるのかわかりません。
そして、「どこ」にあるのかを意識する必要がないのです。

「cloud=雲」

「雲の上」や「雲の中」にコンピューターの絵が描かれている
ことが多くありますが、確かに雲の上や中は見えません。
「位置の特定できない」イメージがピッタリだったのかもしれません。

以前は家計簿を処理するのに
・パソコンを購入し、自宅に置いて
・家計簿ソフトを購入してインストール
・データを入力してハードディスクに保存

それが今や「スマホがネットに繋がっていれば、家計簿が管理できます。」

それが当たり前の便利な時代です。

クラウドサービスを利用するのに何が必要か?
・ネット(インターネット接続)
・デバイス(パソコンやタブレット、スマホなど)
・クラウドサービスを利用した分だけの支払

経営陣の方々は、「これだけなら」シンプルで安価なものと考える方もいらっしゃいます。

そして

社長から「クラウドを導入しなさい」と言われ、システム担当さんは悩むのです。


システム担当さんの悩み

・ネットワークが切れたらどうするの。
・うちのインターネット接続速度で大丈夫なの?
・データ容量がとても多いいからいくらかかるか不安?
・個人情報データはクラウドにおいて問題ないのか。
・どのサーバをクラウドにもっていくのか。


・導入がはやい
・導入コストが抑えられる
・負荷が高いときにサービス仕様変更が容易(暫定的なメモリー増設)
・社内に設置するサーバーが不要
・ランニングコストにおけるIT投資のリスク軽減
・常に最新でメンテナンスが不要
・導入や維持に関する社内担当者の負担軽減


・セキュリティが不安
・カスタマイズ性が低い
・オンライン環境(ネットワーク)がなければ利用不可
・サーバを社内に設置するよりコストがかかる場合がある


もっとも典型的なサービスとしてはEメールがあります。

レンタルサーバを利用しているお客様も多いと思いますが、高度なスパム対策に
安心の可用性、マイクロソフトOffice(Word・Excel)などの連携なども考えて
マイクロソフトOffice365を利用してはいかがですが。