Azure 仮想マシン HDD高速化 | ベンチマーク

Azure 仮想マシンのHDD調査

前回、社内にあったNASのベンチマークを取りました。

今回は Azure上に作成した”仮想マシン”のHDDのベンチマークを2種類取りました。

Azureの仮想マシンのデータディスクは使用量に応じて課金されます。
そのため、HDD自体は複数本使っても課金対象にはなりません。
オンプレの感覚だと理解できないですが、流石クラウドサービス。

無料ならばとHDDを5本接続して、RAID-0(ストライピング)にしてみます。
果たして仮想のHDDでも早くなるのかを確認します。

利点はRAID-0でも、仮想のHDDなので故障の心配はいりません。
流石クラウドサービス。

仮想マシンのスペック

サイズD2_V2 Promo
vCPU2 (Intel Xeion E5-2673 v3 2.40GHz)
メモリ7GB
OSWindows Server 2016 Datacenter

HDD × 1

HDD × 5 (RAID-0)

  • パフォーマンス向上!
  • 準備するのが少しだけメンドクサイ

RAID-0 の作り方

通常のデータディスクを作成する要領で、複数本データディスクを作成します。
今回はデータディスクを5本作成しました。
※データディスクを何本接続できるかはサーバのサイズによって異なります。

ここからはWindows Serverの基本的な操作なので、特に難しいことはありません。
ディスク管理から、接続されている5本のHDDをRAID-0にして、Eドライブとして接続させます。
新しいストライプボリューム をクリック

利用可能なディスクを全て右側へ移します。

クイックフォーマット のチェックを忘れずに!
※フォーマットしてしまうと、全ディスクに書き込みが発生して課金されてしまいます。
 今回は5TB分あるので無駄に高くつきます。

クイックフォーマットなので少し待っていれば終わります。

1TB × 5 = 5TB の RAID-0 できた “Eドライブ” が作成されました。

お問い合わせ

仮想マシンの”Promo”は期間限定値下げマシンでした。
価格の割りにはスペックが優秀だったので検証用に使いました。
ただ、ベンチマーク取って記事を投稿している場合ではなく、別件の検証途中でした。
検証途中で疲れにより作業が停滞したため、せめても成果を・・・と思い記事にした次第です。
Azureの仮想マシンは停止して、AzuruとオンプレのVPNを切断し、課金額を節約してから帰宅します。

中小規模向けを中心にファイルサーバや、Active Directory、ネットワーク設計・構築も承っております。

電話問い合わせメール問い合わせ

お電話でお問い合わせの際は、「ATC構築サービスの件で、”営業2課”のご担当者お願いします。」

と、お伝えて頂けるとスムーズに担当営業へお繋ぎ致します。

 

その他サービスへのリンク

 

ネットワーク構築サーバー構築
セキュリティ対策クラウド環境
運用サポート人気サービス
導入事例