Cisco Meraki 初期化手順 / Factory Reset / 工場出荷時


Cisco Meraki MRシリーズ(無線AP)を工場出荷時に戻したい時の手順です。

MR18を例に手順を紹介します。

現在のダッシュボード(管理画面)は日本語化に対応しています。

※キャプチャを取得したのが日本語化リリース前でしたので英語表記になっております。

 

初期化の流れ

  1. 既存ネットワーク(例:ATC Meraki wireless)からAPを削除
  2. APを初期化
  3. 新しいネットワーク(例:ATC Meraki Demo)を作成しAPを登録

 

1.既存ネットワークからAPを削除

ダッシュボードにログインします。

 

[Wireless] – [Access points] を クリック

 

初期化を行うAPにチェックを入れます

 

[Move] をクリックし、[Rmove from network] をクリックします

 

[Remove 1 access point] を クリック

 

 

“ATC Meraki wireless” ネットワークからAPが削除されました。

 

2.APを初期化

Cisco Merak MR18 は 本体背面に “Factory Reset Button“(小さな穴)があります。

細い棒でボタンを5秒ほど押してから離します。(クリップを曲げて刺さりました)

本体LEDが点滅が慌しい感じになるので暫く放置します。

AP自体は工場出荷時の設定に戻り、リブートしているようです。

ここでの工場出荷時の設定とは?
APのローカルの設定で固定でIPアドレスを振っているのをDHCP取得設定に戻せるだけのようです。
作成したSSIDとか色々な設定を全部消したいというのは、このリセットだけではできませんでした

 

2.新しいネットワークを作成しAPを登録
なぜ新しいネットワークを作成するのか?
既存のネットワーク(ATC Meraki wireless)に、再度APを登録し直すと
"ATC Meraki wireless"のネットワークにAPのコンフィグが保管されており、
再登録したAPへ自動的にコンフィグが流し込まれます。
SSIDとかの設定情報を消したかったのに初期化されていない・・・となり、
Merakiサポートに問い合わせたところ、新しいネットワークを作って登録し直しが必要との事でした。

 

ダッシュボードのメニューから、[Create a new network] をクリック

Name:任意のネットワーク名 ※ここでは ATC Meraki Demo

Network type:Wireless

Configuration:Use default ※初期化するため

Devices:初期化したAPが起動してインターネットに接続されていれば表示されます

チェックを入れます

[Create network] をクリック

 

APの物理的な場所を移動していない限りは、[Done placing APs] をクリックします

 

これでAPを買った時の状態に戻せました。(初期化完了)

 

 

最後に

初期化されているか、SSIDを確認してみましょう。

デフォルトのSSID:“ネットワーク名”+ WiFi が作成されています。

デフォルトは “OpenのSSID“なので、誰でも接続ができてしまいます。

初期化したまま放置は危険です。

APの電源を落とすか、SSID を”disabled“にしてSSIDを無効にしておきましょう。

 

 

後書き

Merakiシリーズは中小企業の不慣れな社内IT担当者でも十分に構築可能なくらい、とても扱い易い製品です。

SIerに何でも投げるのではなく、製品だけ購入し自前で構築して費用の削減も可能です。

よって、中小企業様を中心に設計構築が主業務の私は、AIに仕事奪われる前に仕事がなくなるようです。

 

お問い合わせ

 

ネットワークの機器の販売や、構築、お客様の環境にあった機器の選定からご相談に乗ります。

その他、中小規模向けを中心にファイルサーバや、Active Directoryサーバ、ネットワーク設計・構築も承っております。

電話問い合わせ メール問い合わせ

お電話でお問い合わせの際は、「ATC構築サービスの件で、”営業2課”のご担当者お願いします。」

と、お伝えて頂けるとスムーズに担当営業へお繋ぎ致します。

 

その他サービスへのリンク

ネットワーク構築 サーバー構築
セキュリティ対策 クラウド環境
運用サポート 人気サービス
導入事例