Synology NAS で 仮想化! Docker で ZABBIX を動かす


Synology NAS上で仮想マシンを動かせるアプリケーション Docker があります。

NAS上に手軽にかつ、リソースは抑えてLinuxサーバを動かせます。

統合監視ツールでおなじみ ZABBIX を Synology上に展開してみました。

別の ZABBIXサーバ から Synology を監視するのはわかるけど、Synology で ZABBIX を動かす謎の試みです。

 

環境

 

  • 機器名:Synology DS3018xs
  • CPU:Intel Pentium D1508 2.2GHz
  • メモリ:8GB
  • バージョン:DSM 6.1.3-15152 Update 8

 

Docker

 

リソース使用状況

メモリが2GBしか積んでいない下位機種では厳しそうです。

 

SQLサーバがメモリを喰っています。

 

ZABBIX

 

ダッシュボード

至って普通にWEBブラウザからZABBIXのメイン画面へアクセスできます。

 

監視対象をテストで2台追加しました。

Synology本体と、CiscoのL2スイッチです。

Synology本体とL2スイッチには、SNMPトラップ先をSynologyへ設定してあります。

DockerのポートマッピングでSynology上のZABBIXへ届きました。

 

L2スイッチのトラフィックもグラフで確認できます。

日本語にすると一部文字化けしています。

Synologyの接続先のL2スイッチなので、Synology本体の共有フォルダへファイルを転送したときの様子です。

 

個人的な感想

 

Synology の Docker 上でも ZABBIX を 上げることができました。

本業のファイルサーバついでに、社内の機器の監視もお手軽に始められます。

試してみて良かったら別途監視サーバを用意するとかでも最初はよいのではないでしょうか。

お話を頂ければ ZABBIXの設定をしてお出しすることも可能です。

Dockerで仮想化する機会がなかったのですが、これは早くて便利ですね。

弊社のファイルサーバはSynologyのHA構成ですが、監視(ZABBIX)は別のサーバでやっています。

 

お問い合わせ

 

機器の販売や、構築、お客様の環境にあった機器の選定からご相談に乗ります。

その他、中小規模向けを中心にファイルサーバや、Active Directoryサーバ、ネットワーク設計・構築も承っております。

電話問い合わせ メール問い合わせ

お電話でお問い合わせの際は、「ATC構築サービスの件で、”営業2課”のご担当者お願いします。」

と、お伝えて頂けるとスムーズに担当営業へお繋ぎ致します。

 

その他サービスへのリンク

ネットワーク構築 サーバー構築
セキュリティ対策 クラウド環境
運用サポート 人気サービス
導入事例