QNAP ファイル共有プロトコル(SMB)調べ 2016 [第1回]


前置き

中小企業様のファイルサーバのリプレイス案件で、古いWindows Serverから

コストパフォーマンスを優先してNAS(QNAP)にリプレイスしました。

NAS(QNAP)にリプレイスしたお客様から、「アクセス速度が早くなった!」とお声を頂いたりもしました。

そこで、QNAPのSMBのバージョンがなにか気になったので調べました。

※2016年に書いた記事を編集し再掲載しております。

 

SMBバージョンの調べ方

QNAPの公式FAQサイトによると、GUIからSMBを変更できるとありました。

しかし、実機から項目を探してみるも手元のQNAP2台ともそのような項目はありませんでした。

コマンドからSMBバージョンを確認できることが分かったためSSH接続することにしました。

  • 機種名:TS-219P Ⅱ ※2012年購入
  • ファームウェア:4.2.1 Build 20160601
  • 機種名:TVS-863  ※2015年購入
  • ファームウェア:4.2.0 Build 20151118

 

SMBバージョン確認コマンド:

smb2status

機種名:TS-219P Ⅱ
[~] # smb2status
smbd (samba daemon) Version 3.6.25
smbd (samba daemon) is running.
max protocol SMB 2.0 enable
機種名:TVS-863
[/] # smb2status 
smbd (samba daemon) Version 4.0.25
smbd (samba daemon) is running.
max protocol SMB 2.1 enabled.

ポイント:SAMBAデーモンのバージョン = SMB バージョンではない

古い機種のTS-219Pは、最新ファームウェア(当時)でもSAMBAデーモンのバージョンがTVS-863よりも低い。

ファームウェアは最新までサポートしていても、古い機種のせいか、それとも下位機種のせいなのか、

GUIからSMBの変更もできないし、他にも色々と制限があるのだろう。

メーカーのドキュメントではQTS4.2でSMB 3.0をサポートし、QTS4.1はSMB 2.1となっている。

https://www.qnap.com/i/en/tutorial/con_show.php?op=showone&cid=184

 

SMBバージョン変更コマンド:

smb2enable ・・・ SMB 2.0 に変更

smb21enable ・・・ SMB 2.1 に変更

smb3enable ・・・ SMB 3.0 に変更

早い話、smbまでコマンドを入力してtab補完を行い、「smb数字enable」と出てくるコマンド候補から

smb3enableがあれば、QTS 4.2上の最大値に変更できます。

機種名:TVS-863
[/] # smb[tab補完]
smb21enable  smb2disable  smb2enable   smb2status   smb3enable   smbtools

  • TS-219P 初期値:SMB 2.0 最大値:SMB 2.1 ※smb3enableコマンド自体がない
  • TVS-863 初期値:SMB 2.1 最大値:SMB 3.0

試しにSMB 3.0に変更したくなり実行する。

ポイント:SMB バージョン変更はSMBデーモン(サービス)が再起動する。

     数十秒の間、共有フォルダが使えなくなるので注意!

機種名:TVS-863
[/] # smb3enable 
Shutting down SMB services: smbd nmbd.
Shutting down winbindd services: winbindd.
max protocol SMB 3.0 ... enabled.
locks path was set to /share/CACHEDEV1_DATA/.locks
Shutting down winbindd services: winbindd.
Starting winbindd services: winbindd.
Starting SMB services:.

smbd (samba daemon) Version 4.0.25
smbd (samba daemon) is running.
max protocol SMB 3.0 enabled.

元のSMB 2.1に戻したければ、「smb21enable」を実行すると切替えできます。

 

SMBバージョン サーバー・クライアント対応表

ファイルサーバー(QNAP)側のバージョンを確認し、変更できる事が分かりました。

SMBのバージョンについてざっくり説明すると、SMBバージョンの高い方が効率よくアクセスできます。

サーバー側をいくら最新にしても、SMBのバージョンは低い方に合わせるため、

クライアント(共有フォルダにアクセスするPC)側のバージョンが低いとサーバーを活かしきれません。

 

現在、業務で使用しているPCは Windows 7 が主流かと思います。

Windows 7 の SMBバージョンは 2.1であるため、

SMB 3.0以上のファイルサーバーにアクセスしても、SMB 2.1で通信することになります。

逆に、Windows Server 2003 R2や、2008、QNAP TS-219Pの初期値の状態だと、

サーバー側のSMBのバージョンが低いため、そちらにひっぱられSMB 1.0、2.0で通信します。

QNAP TS-219P は、初期値がSMB 2.0 運用だったため少し損をしていたようです。

互換性を保つためだったりとか、無駄な不具合がでないためだったりと、メーカーにも事情があるのでしょう。

お手軽ファイルサーバとしては大変優秀なので、余り深く考えたことはありませんでした。

 

長くなってしまったのでまた次回。

次回はSMBのバージョン違いによるアクセス速度の検証結果をまとめたいと思います。

[続き]

QNAP ファイル共有プロトコル(SMB)調べ 2016 [第2回]

[ NASの性能評価 ]

社内にあるNASの性能評価(ベンチマーク) | QNAP | Synology | TeraStation

 

お問い合わせ

 

ファイルサーバの移行Windowsサーバから安価なファイルサーバへのリプレイスなど承っております。

その他、社内ネットワーク設計・構築、企業向け無線LANの設定なども承っております。

電話問い合わせ メール問い合わせ

お電話でお問い合わせの際は、「ATC構築サービスの件で、”営業2課”のご担当者お願いします。」

と、お伝えて頂けるとスムーズに担当営業へお繋ぎ致します。

 

その他サービスへのリンク

ネットワーク構築 サーバー構築
セキュリティ対策 クラウド環境
運用サポート 人気サービス
導入事例