Synology 企業・法人向けNAS ADドメイン参加

中小企業向けのファイルサーバとして、Synology 社製の NAS を 取り扱っております。

Synology NAS 取り扱いページ(価格情報)

 

Synology ナレッジベース に NAS の ドメイン参加方法 が紹介されています。

キャプチャがなくいまいちイメージが掴めなかったため、キャプチャを取得しました。

 

環境

 

  • NAS:Synology DS1817+
  • バージョン:DSM 6.1.1-15101
  • WEBブラウザ:Google Chrome 58.0.3029.110 (64-bit)

  • ADサーバ:Windows Server 2016 Standard
  • IPアドレス:192.168.222.2
  • ホスト名:labsvr01
  • ドメイン名:test.local

 

作業手順

 

所要時間:10 ~ 15分

 

DNSサーバの設定

[コントロールパネル] – [ネットワーク] – [全般] タブ – [DNSサーバを手動設定] にチェック

優先DNSサーバー:ドメインコントローラ(ADサーバ)のIPアドレスを入力

代替DNSサーバー:今回は1台しかADを用意していないため未入力

 

[コントロールパネル] – [ネットワーク] – [ネットワークインターフェース] タブ – [接続しているLANポート] を編集

DNS Server:ドメインコントローラ(ADサーバ)のIPアドレスを入力

 

時刻同期先の設定

[コントロールパネル] – 左上の検索ウィンド [ntp] を入力 – [地域のオプション] をクリック

 

[時間] タブ

タイムゾーン:Tokyo, Osaka ,Sapporo を選択

NTPサーバとの同期:labsvr01.test.local (ADサーバ名.ドメイン名)または、IPアドレス

 

ドメイン参加

[コントロールパネル] – [ドメイン/LDAP] – [ドメイン] タブ を選択

ドメインに参加 をチェック

ドメイン:ドメイン名を入力

DNSサーバー:ドメインコントローラ(ADサーバ)のIPアドレスを入力

適用 ボタンをクリック

 

名前:ADサーバ側の管理者ユーザ(デフォルトなら administrator) を入力

パスワード:上のユーザのパスワード を入力

次へ をクリック

 

OK ボタンをクリック

 

チェックが走ります。

全てに合格すると 完了 を クリック。

ドメイン参加作業はこれで終了です。

 

確認

ドメインサーバーの種類や、他の項目は自動的に値が埋まっています。

   

 

コメント

 

簡単にドメイン参加できるので、既存のドメイン環境へ追加や、

後でドメインを構築する場合でもNASを有効活用できます。

弊社のファイルサーバも既存のドメインに参加させた

SynologyのNASをHA構成で入れております。